小倉百人一首(かるた)の文法、歌人、解説、歴史
小倉百人一首 歌順1-100 決まり字 相互リンク メール

 

和歌No. 61 小倉百人一首

上の句:
 下の句:
いにしへの 奈良の都の 八重桜
 今日九重に 匂ひぬるかな
上の句読み:
 下の句読み:
いにしえの ならのみやこの やえざくら
 きょうここのえに においぬるかな
作者/歌人名: 伊勢大輔(いせのたいふ)
別名: ()
決まり字: 上の句: いに
下の句: けふこ

和歌の意味
むかし奈良の都でさいていた八重桜が、今日は九重の宮中で美しくさいていることだわ。

出展・時代背景・文法事項など
出展は『詞花集』春・29。一条院の時代に奈良から宮中に献上された八重桜を天皇の御前で即座に詠んだ歌。


Copyright(c) アイ・コンピュータサービス

inserted by FC2 system