小倉百人一首(かるた)の文法、歌人、解説、歴史
小倉百人一首 歌順1-100 決まり字 相互リンク メール

 

和歌No. 37 小倉百人一首

上の句:
 下の句:
白露に 風の吹きしく 秋の野は
 つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける
上の句読み:
 下の句読み:
しらつゆに かぜのふきしく あきののは
 つらぬきとめぬ たまぞちりける
作者/歌人名: 文屋朝康(ぶんやのあさやす)
別名: ()
決まり字: 上の句: しら
下の句: つ

和歌の意味
草の葉についた白露に風がしきりにふく秋の野は、糸でつらぬきとおしてない玉が散りこぼれているように見えるよ。

出展・時代背景・文法事項など
出展は『後撰集』秋中・308。白露を玉に見立てているのみではなく、白露が散り乱れる様を糸で貫きとめていない玉があたり一面に乱れ散る様子を連想し動的な光景を描いている点に、朝康の独創性が感じられる。


Copyright(c) アイ・コンピュータサービス

inserted by FC2 system