小倉百人一首(かるた)の文法、歌人、解説、歴史
小倉百人一首 歌順1-100 決まり字 相互リンク メール

 

和歌No. 34 小倉百人一首

上の句:
 下の句:
誰をかも 知る人にせむ 高砂の
 松も昔の 友ならなくに
上の句読み:
 下の句読み:
たれをかも しるひとにせん たかさごの
 まつもむかしの ともならなくに
作者/歌人名: 藤原興風(ふじわらのおきかぜ)
別名: ()
決まり字: 上の句: たれ
下の句: まつも

和歌の意味
友人はみな年をとって死んでしまった。いまはだれを友としようか。あの高砂の老い松ぐらいか。あれはむかしからの友達じゃないんだがなあ。

出展・時代背景・文法事項など
出展は『古今集』雑上・909。昔からの友人がいなくなり、孤独を感じる老人の嘆きを詠んだ歌。


Copyright(c) アイ・コンピュータサービス

inserted by FC2 system