小倉百人一首(かるた)の文法、歌人、解説、歴史
小倉百人一首 歌順1-100 決まり字 相互リンク メール

 

和歌No. 28 小倉百人一首

上の句:
 下の句:
山里は 冬ぞさびしさ まさりける
 人目も草も かれぬと思へば
上の句読み:
 下の句読み:
やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける
 ひとめもくさも かれぬとおもえば
作者/歌人名: 源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)
別名: ()
決まり字: 上の句: やまざ
下の句: ひとめ

和歌の意味
山里は、冬にひとしおさびしく感じられることだ。人の訪れもたえ、草もかれてしまうと思うと。

出展・時代背景・文法事項など
出展は『古今集』冬・315。「かれぬ」の「かれ」は掛詞で、人目が離れる意と草が枯れる意とを掛けている。


Copyright(c) アイ・コンピュータサービス

inserted by FC2 system